蜂の退治には危険がつきもの|業者でトラブル防止

女の人

早めに巣を駆除

蜂

蜂の巣を作る女王蜂を駆除することができれば、蜂の巣が完成することはないので完成する前に駆除するようにしましょう。殺虫剤では不安という人は、蜂が引っ掛かるようなトラップを仕掛けるのが一番です。

読んでみよう

巣ごとの処置は業者へ

ハチ

近年では家の軒下などに蜂の巣が作られるケースが増えています。スズメバチの巣となると危険性があるため、退治をする必要が出てきます。巣ごとの退治は自らで行なうよりも、業者へ依頼をした方が無難です。

読んでみよう

効果のある道具を選ぶ

蜂の巣

ハチを退治するための道具がたくさんありますが、どの道具を使用したらいいのか分からない人も多いでしょう。効果のある道具を紹介しているサイトがいくつあるので、それを参考にして効率良くハチを退治しましょう。

読んでみよう

家に侵入した場合の対処法

ハチの巣

毒とアナフィラキシー

蜂に対して一番注意しなければいけないのが毒です。ハチ毒と呼ばれる独特の毒は、食べ物や薬物以外で哺乳類にアナフィラキシーを起こさせる数少ない毒素なのです。アナフィラキシーショックは、人体の過剰な免疫反応によって引き起こされるため、毒の強さは関係ありません。スズメバチであってもミツバチであっても、同様のショック状態に陥る可能性は十分あるのです。ですから、蜂と対峙するようなことがあれば、退治するよりもまず、逃げるか追い払うかを考えた方が安全であることは間違いありません。十分な準備ができていない状態での蜂退治は思わぬ反撃を受けることもあるので注意が必要です。蜂は、種類によって餌が違います。花の蜜を集めるものもいれば、他の昆虫を捕食するものもいます。習性によって人間の生活圏に入ってくる場合もありますから、その場合は慌てずに対処することが重要です。

洗濯物には要注意

普段、蜂が室内に入ってくることはまれですが、ミツバチなどは布団や服の柄を花だと思ってとまっていることがあり、知らぬ間に室内に取り込んでしまっていることもあります。また、スズメバチなどは秋口に黒い色に対して向かってくる習性があり、黒っぽいカーテンに反応して室内に入ってくることもあるようです。室内で蜂を見かけた場合、すぐに退治しようと思わないことです。まずは、外に追い払うことを考えましょう。蜂の仲間は基本的に夜間は行動しません。暗いところよりも明るいところを好むのです。一つの窓を全開にし、あとの窓はカーテンも閉め、電気も消してしまいましょう。蜂は自然と明るい外に飛んでいくはずです。やむを得ずどうしても退治したい場合は、市販の殺虫剤でも効果があります。ただし、すぐに死ぬわけではないのでスズメバチなどには使わない方が無難です。また、殺虫剤を使う時は逆に暗い時の方が効果的です。また、刺されるととても危険になっているので自分では退治せずに業者に依頼することが望ましいといえます。