蜂の退治には危険がつきもの|業者でトラブル防止

スタッフ

巣ごとの処置は業者へ

ハチ

軒下などの巣への対応

ここ数年では夏から秋にかけて、家の軒下などへ蜂の巣を作られてしまうケースが増えています。夏場などに気温が高くなると、蜂の活動が活発になることか多いからです。軒下などに巣が作られてしまうと、蜂の巣の中には数百以上の蜂が生息することになってきます。そうなってしまうと、庭などでスズメバチに刺されてしまう被害に遭いやすくなることから、蜂の巣ごと退治をする必要が出てきます。巣ごとの退治する場合には、蜂の巣の場所しだいでは専用の強力な殺虫剤を噴射することで退治をすることも可能です。殺虫剤によって働き蜂を徐々に少なくしていき、最後に女王蜂がいなくなったら巣には蜂がいなくなった状態となります。その後に巣自体をノコギリなどで切除しておくようにします。

業者へ依頼するのが無難

スズメバチに刺されると、刺された箇所がかなり腫れや痛みを伴うために病院へいく必要が出てきます。そのため、巣の退治の際には専門の業者へ依頼をする方が無難とも言えます。専門の業者では専用の防護服や殺虫剤などを保有しているため、どのような巣でも対応をすることが可能です。例えば、屋根裏に巣がある場合には、部屋の天井の一部を切ってから巣を切除することが行なわれます。蜂の退治の業者としては、近年では便利屋でも駆除を頼めるようになってきています。また、地方では役場へ駆除の依頼をすることができるところもあります。この場合には、費用が掛からないケースも出てきます。業者へ依頼するときは、無料見積りを実施しているところを選ぶといいでしょう。自宅まで駆除スタッフが訪れて、被害状況を確認し、ある程度の見積りを出してくれます。見積り額に納得がいった場合は、そのまま駆除をしてもらいましょう。